IMG_E6649.JPG

​​金沢大学 考古学研究室

​​金沢大学 人間社会学域 人文学類

 

​​研究室概要

1974年に金沢大学法文学部史学科に考古学講座が開設され、同時に考古学履修コースが設けられました。

日本海側の国立大学では初の考古学専攻コースでした。翌年には大学院文学研究科史学専攻に

考古学研究分野(修士課程)が創設されました。

 1980年の文学部の分離・独立にともない、文学部史学科所属となり、

さらに1996年の文学部改組にともない国際文化交流史講座と合併しました。

 2008年4月より施行された学域再編に伴い、人間社会学域人文学類歴史文化学コース考古学専門分野として新たなスタートをきりました。考古学を担当する専任教員は教授・准教授の2名体制となり、考古学教員は人間社会研究域歴史言語文化学系に所属しています。2014年度から教員は准教授1名となりました。

 2016年から特別プログラム:考古学がスタートし、教員は教授2名体制となりました。


2020年度からさらに改組が実施され、

現在は人文学類の考古学・文化資源学プログラムの考古学研究室になっています。

 

 講座開設以来これまでに約300名以上の卒業生を世に送り出しています。そのうち80名ほどが教員・学芸員・地方自治体職員・民間調査会社技術者などとして考古学関連の職業に従事しています。その他の卒業後の進路は一般企業・官公庁への就職あるいは大学院進学などとなっています。

 
 

卒業論文・修士論文・博士論文

ここでは、2018年以降に提出された卒業論文・修士論文・博士論文の題目を掲載します。

2019年度

学士論文

鏡百恵「弥生のミニチュア土器における性格の違いについてー指頭痕に着目した検討ー」
泉屋奏子「日本列島における先史時代のヒトとネコの関係について」
田中小鞠「富山県出土の土人形・土製品と天神について」
川村圭子「用地の正面観についてー金谷出丸・尾山神社の事例ー」
石田尊「山形県・秋田県の四爪鉄錨の集成と四爪鉄錨の地域的な特徴および傾向」
岡部睦「古代エジプト新王国時代におけるチャリオット構造と装飾の一考察」
宮林菜々子「クスクの変遷と首里城の正殿基壇の編年について」

2018年度

​​学士論文

石須藍花「石川県における玉つくり遺跡のグループについて」

山内花緒「梶子遺跡19次調査出土の墨書土器群に関する一所見ー伊場遺跡群出土の墨書土器群との比較からー」

南部夏紀「越後焼刻文の特色とその分類ー傘形刻文に注目してー」

山崎香里「宝町遺跡出土再興九谷における傾向と考察」

中島あずみ「金沢城下町の天神像について」

​古保みのり「近世金沢における漆芸技術の分析ー宝町遺跡出土漆器資料および金沢大学資料館所蔵明倫館扁額の塗膜分析によるー」

​​2017年度

学士論文

高瀬実生「葉脈状文を中心とした北陸縄文中期後葉の土器編年の考察」
青江知咲「馬形埴輪の目の表現について」
瀧澤篤貴「石川県の中世井戸の研究」
久保雄亮「遊牧民族の帯飾板の出土地比較」
田村美由紀「初期円筒印章における弁髪の女性図像について」

 

『金沢大学考古学紀要』

金沢大学考古学研究室は、研究教育の成果を『金沢大学考古学紀要』として刊行しています。
20号以降の紀要PDFファイルは金沢大学付属図書館サイトの
金沢大学学術情報リポジトリ「KURA」よりダウンロードできます。
ここでは3636号以降の現在までに掲載された論文題目を紹介いたします。

第38号

発行年

詳細

第37号

発行年

詳細

第36号

発行年

詳細

 

考古学大会

金沢大学考古学研究室は、毎年『金沢大学考古学大会』を開催しています。この会は、卒業生や在学生が交流することを目的としています。卒業生が現在の職場状況を紹介し研究を発表します。近年の状況をここに掲載します。

日時

第16回金沢大学考古学大会

詳細

 

リンク

金沢大学 考古学研究室HP(2020年9月以前)

2016年以前の卒業論文・修士論文・博士論文、
第35以前の『金沢大学考古学紀要』はリンク先をご参照ください。